マップにおぼれて=> 欧州=>ウィンズケール原子炉火災

2011年05月01日

ウィンズケール原子炉火災


大きな地図で見る
 イングランド北西端カンブリア州にあった核兵器用プルトニウム生産工場ウィンズケールでの原子炉火災。1957年、世界初の原子炉重大事故。
 黒鉛炉2基の炉心が16時間燃え続け大量の放射能を環境中に放出。周辺住民数十人が白血病で死亡。現在でも白血病発生率は全国平均の3倍。
 1981年ウインズケールはセラフィールドと改名。

本:放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策古長谷稔(著)

サイト内での原発重大事故関連のページ
チェルノブイリ  福島第一原発  スリーマイル島 

人気ブログランキングへ
posted by 森田 at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44251810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック